インドア派でもいいじゃない

主に、ゲーム・CD・DVD・本などの感想を書くブログです。

PS4「.hack//G.U. Last Recode」感想

今回は、PS4用ソフト「.hack//G.U. Last Recode」の感想になります。

 

.hack」シリーズは、PS2の頃に初代シリーズが4部作で展開され、続編であるG.U.シリーズが3部作で発売された仮想MMO風オフラインRPGです。

 

PS4版はG.U.シリーズ3部作を高画質化し、プラスアルファの要素を入れたリマスター版になります。

 

.hack」シリーズの特徴としては、現実世界にいる人間(プレイヤー)が「The World」というMMORPGの世界にVR的な装置で入り込み、冒険するという設定です。

つまりゲームの中のキャラクターたちがゲームをするという感じです。

 

最初は楽しんでいた主人公ですが、プレイヤーキラーにPKされ、後にプレイヤーキラーをキラーする「PKK」になります。

 

ですが、強くなったハズの主人公は謎のプレイヤーにキルされ、レベルが初期化してしまい、ゼロから再び冒険を始めるのですが、物語が進むにつれ企業の陰謀や真の黒幕、特殊AIや黄昏の碑文という謎の文章といった要素が複雑に絡み合い、主人公と仲間たちが成長してゆくというストーリーです。

 

このPS4版はストーリーの第4部が追加されていたり、新たな戦闘フォームや各種システムの快適化がなされていたりするので、久しぶりにプレイしましたがこんなに遊びやすかったっけ?と思うくらいでした。

 

わたしはオリジナル版も全てプレイ済みなんですが、当時は驚きましたね。

分割でゲームを売るんだって。(笑)

でも、アニメやマンガなどのメディアミックスを前提とした販売戦略だったので、早く続きが出ないかなぁ、とワクワクしながらプレイした記憶があります。

 

戦闘はアクション要素があるのですが、シビアなものではなくボタン連打やタメを行いながらスキルを発動してコンボを繋げる、爽快感のあるシステムです。

 

仲間もとても多く、魅力的なキャラクターばかりなので、深夜アニメが好きな方はお気に入りのキャラが見つかると思いますよ。

 

音楽は主題歌が良いですね。

透きとおった女性ボーカルの幻想的な楽曲です。

 

以上で感想を終えます。

PS4で発売されているため、比較的手に取りやすいかと思いますので、興味のある方は是非。