インドア派でもいいじゃない

主に、ゲーム・CD・DVD・本などの感想を書くブログです。

スイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」感想

どうも。

 

今回は、ニンテンドースイッチ用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」の感想になります。

 

やっとこさ、灯火の星を100%クリアしたので感想記事が書けます。(汗)

 

興味のある方はどうぞ。

 

任天堂、そして他メーカーのキャラクターも大集合する対戦ゲーム。

それがスマブラシリーズです。という前置きは必要ないくらい有名なゲームですね。

 

今作のポイント

 

・今まで登場したファイターが全員参戦。

・新キャラ含め、74人+パックンフラワー(早期購入特典)+5人(DLC)の80人が参戦。

・100を超えるステージ。

・800曲以上のBGM。

・灯火の星というアドベンチャーモード。

 

登場キャラクター

 

復活ファイター、悪役ファイター、コラボファイターが目立ってましたね。

 

個人的にはリンクの性能が変わったので、こどもリンクがDX時代のリンクっぽくて懐かしかったです。

 

悪役ではキングクルールが見た目も使用感も楽しかったです。

キャプテンの技もあったので嬉しかったです。

 

コラボファイターではやはりドラキュラからの二人でしょうか。

まさかコナミのキャラがこれ以上、出てくるとは思いもしませんでした。

ひっそりとボンバーマンも居るし。

 

ステージ

 

まだ遊びきってはいませんが、やはり64、DX時代のステージが懐かしすぎて涙腺が・・・

 

ヤマブキシティレインボークルーズブリンスタ深部、ビッグブルーなどが好きです。

 

勝ちあがり乱闘

 

これまでの「シンプル」に相当するモードで、様々な敵と連闘していくモードです。

これが面白く、灯火の星をやる前に全キャラクリアしてしまいました。

隠しキャラも出るし、一石二鳥でしたね。

 

今までは、単に連戦して最後にマスターハンドでしたが、今回はキャラクター毎に軽い設定(ストーリー)が用意されており、全キャラ制覇が苦ではありませんでした。

 

難易度も細かく選べ、ボスもバリエーション豊かなので飽きませんでした。

 

灯火の星

 

結論から先に言いますと、面白かったがボリュームありすぎ。

みたいな感じです。

 

昨今の大作ゲームと比べれば、ボリュームは30時間程度で100%クリア出来たので、丁度良いのかもしれませんが、まぁ同じ事の繰り返しなので新しい世界が出てきた時に「やった!」ではなく「まだあるのか」だったのです。

 

古今東西、様々なキャラクターとの疑似対戦が出来るこのモード。

確かに74人のファイターの中から上手く似せてきたなぁという印象。

 

極端に強い、というか不利な条件で戦う特殊ルールもあり、ここら辺は難易度を落としてもお子さんにはキツいかな、という印象です。

 

本気で攻略するには、システムを完全に理解してからの方が良いと思います。

自分と敵の戦闘力、相性、サポート効果、ルールと効果に合ったファイター。

主にこの4つを常に考えていれば、活路は見えると思います。

 

後は強い敵に出会っても後回しにして、サポートスピリットを集めた方が良いですね。

わざわざ、相手の有利な条件で戦う必要もないですし。

 

そんな感じで、苦労しながらも何とか完全クリア。

暇を見つけながらプレイしていたので、時間はかかりましたが達成感はありました。

 

もちろんファイターパスも購入したので、これから配信される5人のファイターを楽しみにしつつ、まだまだ楽しもうと思います。

 

それでは、興味を持たれている方がいらっしゃれば、是非スマブラを楽しんでください。