インドア派でもいいじゃない

主に、ゲーム・CD・DVD・本などの感想を書くブログです。

PS2(PS4)「スターオーシャン3 ディレクターズカット」感想

どうも。

 

今回は、PS2用ソフト「スターオーシャン3 ディレクターズカット」の感想になります。

 

PS4のダウンロード版をプレイしました。

ようやっと、クリア出来たので記事が書けます。

 

それでは、興味のある方はどうぞ。

 

スターオーシャンシリーズは、旧エニックスから出ている人気RPGシリーズです。

開発はトライエース

 

今回はナンバリングタイトル3作目の完全版になりますね。

 

☆戦闘

 

基本的に小攻撃、大攻撃、プロテクト(カウンター)の3すくみ関係にあり、ガッツというゲージを消費して行動する。

 

ガッツゲージがMAX状態の時に動かないで相手の小攻撃を受けるとカウンター発動。

大攻撃は相手のプロテクトを破れる。

 

という感じでまぁ、結構アクションするので得意な人は面白いでしょうね。

私は好きな方でした。

 

☆ストーリー

 

この作品が問題視される時は、必ずストーリーの議論が繰り広げられますよね。

いわゆる、超展開なのですがコレは完全に好き嫌いが分かれると思います。

 

ネタバレはしたくないので詳しくは控えますが、スターオーシャンはシリーズ作品だという事。

それを踏まえた上でこのプロットを書いたのは冒険でしたよね。

 

それまでの作品にも影響を与え、これからの作品も作りづらい状況になってしまいましたから。

 

このオチにすると、どうしてもこの「3」が時系列的に最後になってしまうので、「4」「5」が陳腐なストーリーに見えてしまうという弊害もあります。

 

ですが、個人的にこういう展開は大好きでした。

壮大というか、哲学的というか。

 

最初は惑星を冒険して、謎の力や勢力が登場。

主人公の生い立ちがわかった後、世界の衝撃的な真実を知る。というどんでん返しはともかく、王道といえば王道ですね。

 

でも、一応ストーリーはまとめられたので良しです。

 

☆キャラクター

 

これは未だに人気があるくらい魅力的ですよね。

 

個人的にはネル、アルベル、マリア、クレアが好きです。

美男美女ばっか。(笑)

 

勿論、子どもやオッサンも居るので幅広くフォローしております。

 

☆その他のシステム

 

やり込み要素のバトルコレクションは、戦闘中に一定の条件を満たすと手に入るトロフィー(実績)のようなもの。

報酬もありますが、難しすぎるのでコンプリートはキツイでしょう。

 

アイテムクリエーションは色々なアイテムを生み出したり、いじったり出来るシリーズお馴染みの要素。

武器の合成はハマります。

街中にいる特殊キャラクターをアイテムクリエーション専用の仲間にする事も出来ます。

 

プライベートアクションはスターオーシャンのキャラ人気が強い理由の一つでもあります。

町中でキャラのエピソードが見れるというモノです。

また、このゲームには感情度というパラメータがあり、誰とカップリングになるかでエンディングが変わる(マルチエンディング)という要素もあります。

 

こんな感じですかね。

 

私は数あるRPGの中でもスターオーシャンシリーズが一番好きで、ドラクエ派、FF派の争いの時にはスターオーシャン派!と言っておりました。(笑)

 

「5」は残念な出来になってしまいましたが、是非続編を作って頂きたいですね。

スマホとかじゃなく。

 

それでは、再び星の海で冒険できる事を願いつつ、失礼します。