インドア派でもいいじゃない

主に、ゲーム・CD・DVD・本などの感想を書くブログです。

だらだらゲーム日記(2019年3月)

どうも。

 

感想記事を書きたくて、色んなゲームを同時進行して頭がこんがらがっている、はやてんです。

 

何だかブログがゲームの記事に偏り過ぎている感じもするので、そろそろ映画やアニメの感想も上げようかなぁ。と思っております。

 

とにかく記事を充実させないとですね!

それではお暇な方、良かったらご覧ください。

 

まずは、スイッチですと「ダライアス コズミックコレクション」ですね。

特装版を買ったので、早速「ダライアスツイン」の海外版をプレイ。

 

説明によると、海外版はステレオ音声になっている完全版らしいです。

おいおい、散々やってきた国内版がモノラルだったって、今知ったよ。(笑)

 

聴いてみると、確かにステレオ出力でした。

ゲーム性はあんまり違わないかな。

 

取り敢えず、裏ワザで50機に増やしてクリア。

コズミックコレクションはツインとフォースの裏ワザが簡略化されていて良いですね。

 

次に名作と名高い「ダライアス外伝」をプレイ。

サターン版とタイトーメモリーズを持っているのですが、完全移植は初めてなのかな?

 

音楽がやっぱり良いですね。

しかし、ここで事件が!

 

親切に間隔の速い連射ボタンも用意されているのですが、あまりにも連射が速すぎてボタンを離す前に、コンティニュー時のカウントダウンが0.5秒で終了してゲームオーバーに。(笑)

 

間隔の遅い連射か、ボタン連打か迷っている今日この頃です。

 

ダライアスをその辺でやめて、次は前に買っておいた「ひぐらしのなく頃に奉」をプレイ。

 

懐かしいなぁ。

私は同人版「原作」、PS2版「祭」、DS版「絆」、PS3版「粋」、コミック全巻、アニメ全話視聴済みの根っからのファンなのですが、何回やっても楽しいです。

 

といっても、まだ序盤のコミカルパートなのですが。

「鬼隠し」の衝撃、「綿流し」の目(笑)、「目明し」の悲劇、「罪滅し」の熱血、「皆殺し」で明らかにされる世界の構造、そして大団円の「祭囃し」。

 

何度プレイしても面白いです。

でも、クリアするのはいつになるのだろう?(笑)

 

続いてPS4では「ジャンプフォース」を終えて「戦国無双真田丸~」をプレイ。

 

町の散策やダンジョンは、正直有っても無くてもいいや。という感じですが、無双パートはやっぱり面白いですね。

 

次の一手が楽しいので、ミッションのやりがいもあります。

 

そんな合間に、買っておいたけどやらなかった「ドラゴンクエスト3」をプレイ。

 

ファミコン版はやらなかったので、何とこれが初プレイ。(笑)

カンダタ退治の周辺の敵が強いので、レベル上げをしていました。

 

そしてやっとカンダタを撃破。

エルフに眠らされていた町も解放して、ピラミッドもクリア。

 

ピラミッドは難所と聞いていたのですが、そんなに難しくなかったですね。

移植の度に難易度を下げて調整していたのでしょうか?

 

そしてダーマ神殿に着いたので、レベル上げ中です。

賢者の書もゲット。

 

ちなみにパーティは「勇者」「盗賊」「魔法使い」「僧侶」です。

レベルを上げたら「勇者」「戦士」「賢者」「僧侶」で最後まで行こうと思っています。

 

プレイしたゲームはそんな感じなのですが、ここでPS4のフォルダを大きく編集しました。

 

今までは「DL版ゲーム」と「フリープレイ」の2つのフォルダに納めていたのですが、ソフトの量が多くなってきたのでDL版もフリプもディスク版も一緒にして、ジャンルごとにフォルダを作りました。

 

すると見違えるようにスッキリしたので、ゲームの数が多い方にはオススメです。

皆さんとっくにやっているでしょうけど。(笑)

 

そんな感じで、感想記事を書くまでの繋ぎの日記でした。(笑)